『ラクガキキングダム』描ける版権キャラクターまとめ

基本的に『ラクガキ キングダム』では、版権キャラクターを描きラクガキガレージ投稿するのは、著作権的にNGと明言されています。
ですが、誰でも手軽に自身のオリジナルキャラクターを描けるわけではなく、有名な版権キャラクターを描きたい!という方も多いと思います。
この記事では今まで公式さんから発表されている、「描ける版権キャラクター」についてまとめておきます。

(1)『東方Project』

『ラクガキキングダム』で描ける版権キャラといえば、まずはTGSで発表のあった『東方Project』!

発表の詳細はこちらの「TGS2019 ラクガキステージSide ”HISTORY of ラクガキ王国”」で『東方Project』の生みの親  ZUN(@korindo )さん本人から語られています。
丹沢P(@TANTAN_U1)とのラクガキ王国時代エピソードなど、シリーズファンにはとても興味深いステージだったと思うので、観てない方はこちらも是非!

 

(2)『TAITOオリジナル作品』

第1回テスターの方が公式さんに「TAITO作品オリジナルのキャラなら描いてOK」と確認して下さったので、『TAITOオリジナル作品』のキャラクターもラクガキ可能となりました!(但し、「イメージを損なうもので なければ」との条件は付きます)

ただ、筆者のようにあまりゲームに詳しくないと「TAITOの代表作って何?」となると思います^^;
なので、TAITOさんのオフィシャルサイトの「タイトル一覧」ページ等で確認するのが確実かなと思います。

このタイトル一覧にも掲載されている「TAITO作品」の中で、それぞれに異なった個性的なキャラクターが登場する『ダライアス』『PUZZLE BOBBLE』『ザ・ニンジャウォーリアーズ』とか良いのでは!と個人的には感じました。

 

あと公式さんが以前に「コラボしたら面白そうなアニメ」のアンケートとかもとっていたし、今後もゲームに限らずアニメとか色々とコラボ等決まって、どんどん他の版権キャラクターも自由に描けるようになるとイイなと思います!

https://twitter.com/rakukin_pr/status/1191635386356793344

 

『初心者クロッカー ラクガキ キングダムの覚書』TOPへ

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*